京都 お宿吉水 歳時記

kyoshimizu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。

今年も、門松を作りました!

c0232512_1985270.jpg

c0232512_1992074.jpg

c0232512_1993954.jpg


今年も一年、本当にありがとうございました。
来年も皆様にとりまして、良い一年でありますように、
お祈り申し上げます。

来年も皆様のお越しを、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
by yoshimizublog | 2012-12-28 19:07 | お宿の日常

冬の京都のご案内 節分編

京都の冬は、桜や紅葉などのシーズン時の賑わいこそありませんが、

お寺の特別拝観や、御所、離宮見学など冬の京都だからこその楽しみ方は、

いろいろあります。


ここでは、吉水スタッフが少しづつ京都の冬のお勧めをご紹介いたします。

最初のおすすめは、「節分」です!

まずは、壬生狂言。
この狂言は、700年の歴史があり、重要無形民俗文化財に認定された、セリフのない、無言劇です。
その名のとおり、壬生寺で開催されます。

壬生寺は、新撰組ゆかりのお寺としても知られているお寺です。

狂言は、毎年、節分と、4月、10月に行われます。
特に節分の狂言は、2日間のみで、厄除け、開運を祈願して、
30番ある中の『節分』という演目が上演されます。

また、この節分の壬生狂言のみ、無料で観られるのもありがたいことです。

「壬生狂言 『節分』」

c0232512_191763.jpg

写真:docoico.net 様より

日時: 2月初旬の節分の前日と当日のみ。
    午後1時~8時、毎時0分開演 

料金: 無料

場所: 壬生寺

アクセス: 市バス「壬生寺道」下車、 もしくは、 阪急電車「大宮」、 嵐電(京福電車)「四条大宮」で下車。

この時期だけの公開、ここでしか観られない特別な狂言です。
*観客席は、オープンエアですので、暖かい服装でご覧下さいませ。

「壬生狂言」をご覧になった後は、


次は、「吉田神社 の 節分祭」です。
c0232512_19394977.jpg

写真:docoico.net 様より

室町時代より続く神事で、前後あわせて、3日間にわたり執り行われます。

* 節分祭の主な祭事 (吉田神社HPより)-----------------

 2月 2日 午前8時    節分前日祭        本宮・大元宮
               疫神祭          大元宮中門
       午後6時    追儺式(鬼やらい神事)  本宮前 舞殿

    3日 午前8時    節分当日祭        本宮・大元宮
       午後11時   火炉祭(古神札焼納神事) 本宮前 火炉
 
       2・3日の両日には約800店の露店が立ち並びます 

    4日 午前9時30分 節分後日祭        本宮・大元宮

         節分3日間 大元宮内院特別参拝 

   ----------------------------------

場所: 吉田神社

アクセス: 京都市バス「京大正門前」下車 徒歩5分 『吉田神社』

☆見どころは、
2月2日(前日祭)の「追儺式(ついなしき)」一般には『鬼やらい』とも呼ばれる神事。
舞殿の周囲で暴れる疫鬼たちを、方相氏(ほうそうし)が追詰めて、
殿上人らが魔力を封じる弓矢を放ち、鬼や疫災を追払います。

2月3日(当日)の夜11時より執り行われます「火炉祭」です。
ブログ内にも、記事がございますので、
宜しければご覧下さい。
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
by yoshimizublog | 2012-12-21 02:43 | 京都のイベント・観光案内

京都の紅葉

 寒さが日に日に厳しくなってきています。

 朝食のスープの温かさが身体にしみわたる今日この頃。

 皆さま風邪などひいていませんか?

 吉水では、この時期から春まで薪ストーブで暖をとってお客様をお迎えしています。

 火がある空間はなかなかいいもので、ストーブの煙の匂いは、なんだか懐かしく、

 炎を見ていると心がぼーとしてくるのが不思議です。

 朝と夜、パチパチと薪が爆ぜる音が、静かな吉水の館内に響きわたります。

 

 さて、賑やかな京都の紅葉シーズンが終盤を迎え、

 円山公園や東山の紅葉も風にはらはら飛ばされて、こちらもまた冬支度です。

 
c0232512_1844367.jpg


 京都市内の紅葉が終わるころ、見ごろを迎えるのが吉水のお庭の楓です。

 ようやく楓の葉が赤く色づいてきました。

 
c0232512_18473957.jpg


 
 紅葉が終わりかけの円山公園を歩いてきたお客様が、

 吉水の楓を見てよかったーと嬉しそうに声を上げておりました。

 お部屋から紅葉を楽しめる、本当にいい時期です。 

 お弁当をご持参してお部屋で紅葉を楽しむ時間もいいですね。

 
c0232512_18482739.jpg


 
 今週末が見ごろかもしれません。

 ライトアップは終了したお寺もありますが、

 京都市内が比較的静かになってきたこの時期は、ゆっくりと観光できますよ。

 お寺の拝観も、静けさのなかで紅葉とお庭を楽しめると思います。

 ちなみに、この時期からのお寺拝観には、

 身体が冷えぬよう靴下(ルームシューズ)を鞄に忍ばせることをおすすめします。

  
 また、今月8日から17日まで嵐山で花灯篭が始まります。

  夜の嵐山界隈も素敵ですよ。


  京都の寒さと付き合いながら、観光してくださいね。


  みなさまのお越しをお待ちしております。
 




  -スタッフ こけし- 





 
 
 
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
by yoshimizublog | 2012-12-04 20:07 | お宿の日常