京都 お宿吉水 歳時記

kyoshimizu.exblog.jp
ブログトップ

自家製たくあん美味しく出来上がりました。

c0232512_20153454.jpg

京都お宿吉水にて、今年の1月から仕込んでいた自家製たくあん美味しく出来上がりました。


たくあんに使用した大根は、ほんびょうさんの朝市に季節のお野菜や小麦、お米、大豆
を出店してくださっている堀田さんから頂いたものです。

大根は小ぶりながら葉っぱが青々としていてなんとも美味しそうでした。

今ならたくあんにするといいよと教えてくださったのが堀田さんでした。

堀田さんは滋賀県高島市で無農薬の小麦とお米と大豆を栽培している他に、酪農もしています。

無農薬栽培が難しいとされている小麦ですが、栽培している小麦は風味豊かで味わい深く、

パンやお菓子を作ると味の広がりが、ほかの小麦とは全くちがいます。

大豆は、吉水でも味噌作りワークショップで使用している「水くぐり」という滋賀県の在来種です。

堀田さんからは、毎回、パワーとおいしいものをいただいています。

ありがとうございます。



季節のものは美味しいけれど、とにかく量がありますので、保存食にしておくのがベストです。

作る時は少し大変ですが、アルバイトのKさんに手助けされようやくやる気に。

さぁ、頂いた大量の大根を洗い下準備です。



【たくあん漬けの作り方】

まず、葉のついた大根を洗い、2本の大根の葉を紐で括ります。

屋上に約2ヶ月くらい大根を干しました。

大根が曲がるくらい水分が抜けた状態でたくあん作りを始めます。

大根の葉を落とし大根を重量を計ります。

ボールに全体量の5%の塩、10%のぬか、昆布、鷹の爪、クチナシを混ぜ合わせます。

この時、りんごや柿の皮を入れても美味しくなるそうです。今回はアルバイトのKさんが柿の皮をくださいましたのでそれを入れました。

漬け込む樽の底に混ぜ合わせた米ぬかを入れ、その上に大根を隙間なく置いていきます。

最後に、葉を置いて落し蓋をし、重石をのせて1ヶ月、日の当たらない場所に置いておきます。



詳しい作り方についてはpng ファイルを添付します。どうぞご参照ください。



1ヶ月以上経ち、Kさんがたくあんがもうそろそろだと教えてくださいました。

蓋を開けてみると
c0232512_2016472.jpg


美味しそうに漬かっています。


早速、切って味見をしてみます。
c0232512_2029239.jpg




たくあんは素朴な味がして、なかなか美味しく漬かっていました。

スタッフにも好評です。

吉水のまかないは玄米ごはんと汁物、たくあんシンプルながら素材の味を楽しめる食事を心がけています。

今度は、漬けたたくあんでいぶりがっこに挑戦してみようと計画中です。

c0232512_20292245.jpg

今回、たくあん漬けに挑戦した美人スタッフ2人組。


たくあん漬けの作り方【png】
c0232512_1826549.png





=スタッフ こけし=
c0232512_1953167.jpg
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
# by yoshimizublog | 2014-03-20 18:35 | 吉水のお料理レシピ

祝島からのお届け物

c0232512_20312035.jpg

以前お宿 吉水にご宿泊頂いた、祝島在住のお客様から、

生ひじき、乾燥ひじき、だいだいが届きました。


箱を開けると磯の香り。

京都市内では、感じることのできない、遠い遠い海の香りです。

生ひじきの美味しい食べ方も添えてあったので、

レシピ通りに「生ひじきのサラダ」を作ってみました。



【生ひじきサラダの作り方】

生ひじきをさっと水で洗います。

ドレッシングは、少量のオリーブオイルに塩・胡椒をよく混ぜ、だいだいの絞り汁。

スライスされた玉ねぎと、水菜を加えて出来上がり。 




調理はいたってシンプル。


さてお味はどうでしょうか・・・。

c0232512_20315826.jpg



磯の香りがするひじきにだいだいの酸味、玉ねぎと水菜のシャキシャキした、歯ごたえがなんとも

爽やかなサラダ。

スタッフにも好評でした。


吉水ではお庭の沈丁花の香りや、椿の花が春の訪れを教えてくれますが、

祝島では、ひじきやだいだいなど自然の恵みによって春を知られてくれるのかと、

遠い海を思いながら、生ひじきを食したお昼でした。



美味しい海の幸を贈ってくださり本当にどうもありがとうございました。


またいつかお逢いできる日を楽しみにしております。


=スタッフ こけし=
c0232512_1953167.jpg
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
# by yoshimizublog | 2014-03-19 20:14 | 吉水のお料理レシピ

北野天満宮の梅が見頃を迎えております。

c0232512_20262792.jpg

梅まつりが終わったばかりの北野天満宮ですが、只今梅が見頃のようです。



c0232512_20265132.jpg

白梅は満開に近く見頃のようです。


c0232512_20271351.jpg

桃色の梅は5~8分咲き


紅梅はまだ咲き始めのようです。


今週末頃には、全体的な見頃を迎えるのではないでしょうか。



昨夜は綺麗に晴れて、満月が良く見えていました。

夜はまだ寒いので、暖かくしてお出かけ下さい。
c0232512_20273899.jpg




詳しくは下記URLまで

北野天満宮(公式サイト)


=kuma=
c0232512_18252345.jpg
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
# by yoshimizublog | 2014-03-18 16:16 | 京都のイベント・観光案内

京都・東山花灯路2014始まりました

c0232512_2017368.jpg


京都東山にて2014年花灯路はじまりました。
開催日時 3/14(金)~3/23(日)
点灯時間 16:00~21:30となっております。


c0232512_2018514.jpg

丸山公園の祇園枝垂れ桜


c0232512_20192723.jpg

東山花灯路に協賛参加している粟田大灯呂


c0232512_20195726.jpg

狐の嫁入り巡行
狐の嫁入り順路map

詳しい情報は下記URLまで。


京都・東山花灯路
京都観光スポットと京都観光ガイド
京都・東山花灯路@狐の嫁入り巡行行ってきました


=kuma=
c0232512_18252345.jpg
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
# by yoshimizublog | 2014-03-17 21:10 | 京都のイベント・観光案内

第4回 食の輪ワークショップ

~農や食の職人が、美味しい時間をお届けします~    


かたぎ古香園さんのお話し会

c0232512_18122650.jpg




大人も子供も同じお茶を飲む。子供への農薬の影響は大きいはず。

その想いから、昭和50年から『特別栽培 農薬不使用栽培』を手がけ、

より安全で、より美味しいお茶を!

何よりも自分自身が本当に納得できるお茶をつくる。

栽培への熱い思いと、淹れたてのお茶をご堪能いただきます!



日時 : 11月18日(月) 14時~15時30分 

参加費 : 1,000円(先着15名様 )

お持ち物 : お買い物袋 *直売会も行います。

場所 : お宿吉水(Tel: 075-551-3995 京都市円山公園弁天堂上) 

※お越しの際は、交通機関をご利用下さい。

※JR京都駅から、市バス206番で「祇園」下車、徒歩約15分。



講師紹介  


c0232512_18131728.jpg





かたぎ古香園 六代当主  片木明氏  

滋賀県信楽で農薬を一切使わずに、お茶を栽培しています。

紅茶やべにふうき緑茶、食べる緑茶など、様々な商品開発も行っています。

食の輪プロジェクトサイトに、ワークショップ内容を掲載しています!

詳しくはこちらまで→(サイトメニュー:イベントのご案内)



お申し込み 代表の方のお名前と参加人数、電話番号をお伝え願います。


E-Mail astgreen@ares.eonet.ne.jp  
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
# by yoshimizublog | 2013-10-07 18:15