京都 お宿吉水 歳時記

kyoshimizu.exblog.jp
ブログトップ

祇園祭が始まります。

今年も、祇園祭の季節になりました。

京都市内では、コンチキチンの祇園囃子がいたるところで聞こえてきます。

この祇園囃子を聞くと、夏の始まりを感じさせてくれます。



祇園祭は、八坂神社の神事で、7月1日から31日までの1ヶ月間にわたり、

さまざまな神事が執り行われます。

宵山の期間は、山や鉾が所有される各町内に立ち並び、提灯がともされ、

コンチキチンの祇園囃子が響きます。

中でも、7月14日から16日までの宵山や、17日の山鉾巡行は、たくさんの人で賑わいます。

また同期間は、『屏風祭』として、各町内の旧家秘蔵の屏風や書画が、道行く人に公開されます。

ぜひ宵山の夜の町歩き、宵ぶら?をお楽しみ下さい。 そして、17日の巡行(写真)をご堪能下さいませ。

<祇園祭>

・7月1日~5日  「吉符入り」

・7月2日~  「二階囃子」

・7月10日 「お迎え提灯・神輿洗い」

・7月10日~14日 「鉾立て・山立て」

・7月13日 「卑き初め・舁き初め」

・7月14日(日)~7月16日(火) 「宵山」「屏風祭」

・7月16日 「岩見神楽」「日和神楽」「あばれ観音」

・7月17日(水) 「山鉾巡行」  「神幸祭」

・7月18日 「鉾仕舞い・山仕舞い」

・7月24日 「花笠巡行」 「環幸祭」

・7月28日 「神輿洗い」



山鉾巡行以外にもたくさん見どころがある祇園祭。

24日の「花笠巡行」は、総勢千名にも及ぶ大行列。

色鮮やかな花飾りと衣装が、観客の目を楽しませてくれます。

その後は、八坂神社で芸舞妓による舞い、獅子舞などの奉納も見どころです。



おすすめは、御旅所の神様が八坂神社におかえりになる「環幸祭」。

御旅所を出発した神輿は、それぞれ異なるルートを通って八坂神社へ。

到着後は、神様を本殿へおかえしする「御神霊遷の儀式」。

境内の明かりをすべて消し、和琴と警蹕の声だけが響く中、

祇園祭のもっとも神聖な儀式が粛々と執り行われ、1ヶ月間のお祭の幕が下ろされます。

長いようであっという間の、祇園祭ですが、

京都ならではのお祭をぜひご堪能ください。
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
# by yoshimizublog | 2013-07-01 12:06 | 京都のイベント・観光案内

はじめてさんも! 安心・安全な「手前味噌」作り


c0232512_188583.jpg希少な滋賀県在来品種「みずくぐり大豆」(無農薬・無化学肥料栽培)で仕込みます!
世界に一つしかない『やさしいお味噌』を一緒に作りましょう♪

日時 : 2013 2月24日(土)13時~16時くらいまで
場所 : 京都市円山公園弁天堂上  お宿 吉水
   
募集人数 : 先着20名様限定
参加費 : 実費のみ3000円
     お1人様あたり5kg分の味噌が出来上がります
        +ワンドリンク
お問い合わせ : 携帯 080-6122-4736 金ちゃん農園(堀田金一郎)
       E-mail gt.takashima@gmail.com 里山販舍ごっつお高島
          075-551-3996 お宿 吉水
 お持ち頂くもの  三角巾 エプロン タオル 筆記用具      
詳しい資料をお送りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。


c0232512_1814131.jpg


  ● 市販のお味噌では味わえないまろやかな味! 心も温まりました。
  ● 大豆そのものが苦手でしたが、この大豆は美味しいと感じました。
  ● 大豆を踏むのが、楽しかったし気持ちよかった~

※本講座は、農林水産省「食と地域の交流促進対策交付金事業」として開催いたします。
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
# by yoshimizublog | 2013-02-14 00:36 | 吉水のイベント・お知らせ

新年明けましておめでとうございます

c0232512_2113871.jpg


新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、吉水をご愛顧賜りましてありがとうございました。


お宿吉水では、知恩院の除夜の鐘をききながら静かに新年を迎えることができました。


吉水は、女将・中川誼美が満開の桜の下に建つ数寄屋造りの宿に出会い、

今年の祇園祭で15周年を迎えることができました。


この間、たくさんのお客様に吉水をご愛顧いただきながら、

開業時の想いと変わらずに現在に至っていることをスタッフ一同本当にうれしく思います。


 当時は、珍しかった「片泊まり」というスタイルですが、現在では宿泊の一つの選択肢と

して随分と認知されるようになりました。

しかし、吉水ならではの、オーガニックのお布団や、安心・安全なものにこだわった朝

食などは創業当初から変わらずに大切にしております。


吉水の周りの環境も15年前と同様に、春には、桜が吉水を覆うように咲き、夏には、葉の茂る

桂の間をムササビが飛び交い、秋には見事な紅葉が色づきます。

ここには街の喧騒からふっと離れて、まるで「シーン」という音が聞こえてきそうな静寂と自然が残っております。



今年は15周年という感謝の気持ちとして冬季特別料金でお部屋のご案内させていただいてお待ちしております。

特別料金でのご案内は1月2月の限定になりますが、お気軽にご利用いただけたら幸いと存じます。

詳しくは、お電話または、メールにてお問い合わせくださいませ。


 
冬の京都は寒さの中にも、春に先がけ椿や梅、水連などがいろを沿え静かな落ち着きのある街としてお過ごしいただけます。

自社仏閣では冬限定の特別拝観や、節分行事など、行事が盛りだくさんです。

また 仙洞御所、桂離宮、修学院離宮の拝観の予約が取りやすくなっておりますので、

京都をごゆっくり堪能されたい方にはおすすめの季節です。

そのような、冬の京都の魅力を、ブログにて情報を掲載いたしますので、ご覧いただけたら幸いと

存じます。


今年も皆さまにとりまして良い年になりますようにお祈り申し上げます。


皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。



-京都 お宿吉水 スタッフ一同-
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
# by yoshimizublog | 2013-01-04 21:09 | 吉水のイベント・お知らせ

今年も、門松を作りました!

c0232512_1985270.jpg

c0232512_1992074.jpg

c0232512_1993954.jpg


今年も一年、本当にありがとうございました。
来年も皆様にとりまして、良い一年でありますように、
お祈り申し上げます。

来年も皆様のお越しを、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
# by yoshimizublog | 2012-12-28 19:07 | お宿の日常

冬の京都のご案内 節分編

京都の冬は、桜や紅葉などのシーズン時の賑わいこそありませんが、

お寺の特別拝観や、御所、離宮見学など冬の京都だからこその楽しみ方は、

いろいろあります。


ここでは、吉水スタッフが少しづつ京都の冬のお勧めをご紹介いたします。

最初のおすすめは、「節分」です!

まずは、壬生狂言。
この狂言は、700年の歴史があり、重要無形民俗文化財に認定された、セリフのない、無言劇です。
その名のとおり、壬生寺で開催されます。

壬生寺は、新撰組ゆかりのお寺としても知られているお寺です。

狂言は、毎年、節分と、4月、10月に行われます。
特に節分の狂言は、2日間のみで、厄除け、開運を祈願して、
30番ある中の『節分』という演目が上演されます。

また、この節分の壬生狂言のみ、無料で観られるのもありがたいことです。

「壬生狂言 『節分』」

c0232512_191763.jpg

写真:docoico.net 様より

日時: 2月初旬の節分の前日と当日のみ。
    午後1時~8時、毎時0分開演 

料金: 無料

場所: 壬生寺

アクセス: 市バス「壬生寺道」下車、 もしくは、 阪急電車「大宮」、 嵐電(京福電車)「四条大宮」で下車。

この時期だけの公開、ここでしか観られない特別な狂言です。
*観客席は、オープンエアですので、暖かい服装でご覧下さいませ。

「壬生狂言」をご覧になった後は、


次は、「吉田神社 の 節分祭」です。
c0232512_19394977.jpg

写真:docoico.net 様より

室町時代より続く神事で、前後あわせて、3日間にわたり執り行われます。

* 節分祭の主な祭事 (吉田神社HPより)-----------------

 2月 2日 午前8時    節分前日祭        本宮・大元宮
               疫神祭          大元宮中門
       午後6時    追儺式(鬼やらい神事)  本宮前 舞殿

    3日 午前8時    節分当日祭        本宮・大元宮
       午後11時   火炉祭(古神札焼納神事) 本宮前 火炉
 
       2・3日の両日には約800店の露店が立ち並びます 

    4日 午前9時30分 節分後日祭        本宮・大元宮

         節分3日間 大元宮内院特別参拝 

   ----------------------------------

場所: 吉田神社

アクセス: 京都市バス「京大正門前」下車 徒歩5分 『吉田神社』

☆見どころは、
2月2日(前日祭)の「追儺式(ついなしき)」一般には『鬼やらい』とも呼ばれる神事。
舞殿の周囲で暴れる疫鬼たちを、方相氏(ほうそうし)が追詰めて、
殿上人らが魔力を封じる弓矢を放ち、鬼や疫災を追払います。

2月3日(当日)の夜11時より執り行われます「火炉祭」です。
ブログ内にも、記事がございますので、
宜しければご覧下さい。
[PR]
   ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村に参加しています。
# by yoshimizublog | 2012-12-21 02:43 | 京都のイベント・観光案内